空回り

ひとりごとです

もう音MADなんかやらねー

2週間ぐらい前、突然ノートパソコンのスピーカーからデカい異音が流れ始めた。ビーとかジーとかそんな感じの音。人に聞いて回ったり色々調べてみたりしてみたところ、どうやらRealtek Audioに問題があるらしく、USBマイクのミキサーを経由したイヤホンで音を聞くと異音は乗っかっていなかった。だからまあ音MADを作るとかDTMをするとかその分には問題は(今のところ)ないのだけど、そもそも僕は感覚過敏のケがあって、イヤホンとかヘッドホンのように身体に密着させて使うウェアラブルバイスが苦手だ。スピーカーだけで雑に音声切り抜きとかの作業をすることができなくなってしまったのが辛い。

そして、それとは全く別件で、1か月前ほどに友人から使っていないデスクトップパソコンを譲り受けた。ただそれが色々改造を施してある関係で、動作は不安定だしCPUはマザボを取っかえた瞬間に動かなくなるし、本当に扱いが難しい。というか色々パーツ取っかえないと使えない(ただちゃんとしたデスクトップを1から作るよりは圧倒的に安く済むし、何よりその気持ちがめちゃくちゃ嬉しくて元の持ち主にはめちゃくちゃ感謝してる)。そんなこんなでデバイス周りのトラブルが本当に多くて、ネタ動画1つ作るのにも結構な労力を要するようになってしまった。

 

話は一転するのだけど、僕は2019年の8月ごろに「Lixy」として音MAD動画を作り始めて、それからもう3年ほど経つ。途中、メンタルヘルスやリアルの激動もあってブランクこそ長かったものの、一応3年弱は音MADというコンテンツに触れ続けているわけで、その間に自分より凄いクリエイターを山ほど見てきた。僕より歴が浅かったり若かったりするような人が信じられないような映像を作っていたり、ちゃんとした商業としての創作をやっている一方で僕だけは一向に音MADが上手くならなかった。始めて間もない頃は「まあ俺は始めたばっかりだし」みたいなマインドでいることは(不健全であれ)可能だったけれど、3年もパソコンを触ってきて意識的にリファレンスまで集めるようになった今、同じ言い訳は通用しない。自己愛の強い僕が主観的に見ても拙作は粗が目立つのだから、第三者から見ればそれはもういたたまれないような完成度なんだろう。

 

正直言って、この3年間で僕は自分の音MAD、もっと抽象化すると視覚/聴覚芸術への適性の無さを実感せずにはいられなかった。センスもないのに創作意欲と承認欲求だけは一人前で、最小限の努力で下世話な欲求を満たそうとしていた。バズった作品はいずれも何かしらの形で第三者の力を借りていたものだし、それらを完全に「自分の作品」として扱うことに対する強い忌避感もあった。端的に言えば、僕は音MADが、創作が下手だった。なのにそればっかりに拘泥して、生活費だけで精一杯の今の暮らしからパソコンパーツ代とAdobe代を捻出する必要があるのか、今の僕にはさっぱり分からない(そして恐らく答えはNoなんだろうな)。

 

こうして3年の月日を経て鬱積してきた絶望が、経済面という負のトリガーによって発露してしまってもうどうしようもなくなっている。現時点で受けている合作が少しだけあって(うち1つはすでに担当箇所を提出済み)、それだけ片付けたらしばらくは音MADや映像と距離を置こうと思う。幸いにも今はそれ以外にやりたいことがそこそこあるし、積読の消化とか文章の練習とかに時間を割こうかなって考えてる。後のことは知らない。分かんない。

チルチルやりら大学生は進撃の巨人を読んでいない

知り合いの大学生、それこそ僕と同じぐらいの年齢の人たちのツイートを日頃から眺めている。英語で言うところのwatchとかlookじゃなくてseeぐらいの感覚。何の見返りも求めずに異常サンプリング創作をしているコミュニティではほとんど見かけないけれど、それでも「彼女と遊んできた」「リア友とオールカラオケして疲れた」的な、しれっとイケイケ大学生やってます的な匂わせが僕の視野角の隅っこに描画されることはたまにある。単に僕の虚勢への感度が高すぎるというのも要因としてはあるかもしれない。

 

なんというか、僕自身もクロマキーでめちゃくちゃ綺麗に透過できる程度にはお尻が青いから偉そうなことは言えないのだけど、中高生時代を(特に僕より恵まれた家庭環境で)エンジョイしてきた人たちが、属性や所属、環境といった自分以外の要素で自分を語ることに対してどうしても嫌な気持ちがついてまわる。特にオタクコミュニティの場合だとその気持ちが強くなってしまって、本当にキラキラしてる人たちとは張り合えないからネット上のどうしようもないナード達に向けて自身のちょっと背伸びした時のエピソードを語っている、みたいなバックグラウンドを想像せずにはいられなくなる。見ているこちらまでいたたまれなくなることすらある。

 

少し話は脱線するのだけど、僕のリア友にザ・陽キャみたいな人がいて、彼とはもう8年近くの付き合いになる。そいつと今年の3月に会って話をした時に「俺はすぐにウジウジ悩み事しちゃうから、なるべく気丈に振る舞ったりたくさんバイトしたり遊びの予定入れたりしてその気持ちを誤魔化してるんだ」とポツリと漏らしていたのが凄く印象に残っている。やっていることが特別高尚でなかろうと(それはそれとして彼はすごく頑張っているし、僕は心から彼のことをリスペクトしている。ただ、営みだけをフォーカスしてしまうと勉強を疎かにして遊んでばかりの学生と捉えられるだろう)、その裏に秘めたる思いや信念があってナラティブを情熱的に語ることができる人間は、結局活動の内容に関わらず素敵なんだなと感じた。

先述したようなイケイケ匂わせ人間に対する不快感というのは、やたらと人の上に立ちたがるという行為そのものに起因するものではなくて、こんなにイケてる俺凄いだろ!で話が完結してしまうこと、それ以上のコンテクストや情熱、ナラティブをこちらが享受できないことが主たる原因なのかもしれないな。とも思った。

 

ここから先は僕個人の経験、つまりたった1つのサンプルに基づく考察なのだが、こうした魅力の見せ合いっこに躍起になっている若者の背景には「何者かにならなければならない」という呪いがあるのだと推察している。インターネットが普及した昨今では、容姿の魅力的なインフルエンサーや弁の立つコメンテーターたちが大きな影響力を有している。10代の人間なんてよほど聡明でない限り大抵は無根拠の万能感を有しているし、そこから脱却して自分が凡人であることを認めるのには相当な時間と体力、そして覚悟を必要とする。加えて言うならそうした万能感はきっと「呪い」の形成に大きく寄与しているだろう。

 

ここで、何者かにならなければならないという「呪い」についてかなり深く掘り下げている漫画がある。「進撃の巨人」だ。

あまりディテールを語ってしまうとネタバレになってしまうので内容は割愛するが、以上のことから導かれる結論はひとつ。「チルチルやりら大学生は進撃の巨人を読んでいない」である。

ということで、読みましょう。進撃の巨人。ちょっと難解だけどおもしろいよ。

近況報告、そしてスランプ

晴れて今年の4月から大学生になりました。これを機に一人暮らしもバイトも始めて、一応引きこもり無職という人生の夏休みは一旦中断することになりました。ただ、あの時期は本当に充実していたから後悔はないけれど。

このブログをわざわざ見に来てくれるような方ならすでにご存知かもしれませんが、僕は拙いながらも音MADを中心とした二次創作活動を3年半ほど続けています。作品全体のコンセプトや構成を組んだり、原作のメッセージ性を一般化して他のコンテンツと結びつける工程にはそこそこ自信があるのですが、いかんせんそれを視覚、聴覚の部分に落とし込む技術が足りてなさすぎる。これでも最近はまだマシになってきた方ではあるんですけど、ツールの知識や扱い方の部分が甘すぎてなかなか上手に表現することができていないというのがネックな部分です。最近は何とかしてAdobeを契約したり、人から余り物のパソコンを譲っていただいたり、バイト先までの電車の中でリファレンスを集めまくったり、困ったところを友達にDMで質問したりして少しでも憧れのクリエイターさん方に追いつけるよう尽力(というほど真摯に向き合えていないけど…)しています。僕なりに。本当に無理のない範囲で。

 

ただ、この営為を半年、いや1年弱近く続けてきて、やっぱり自分は天才ではなかったんだなと痛感する瞬間が本当に増えてきました。自分よりずっと若いクリエイターが、プロ顔負けの作品を作って、しっかり自分で生計を立てている。きっと僕の衒学的な好奇心だけでは一生、いや、何百年かかっても彼らのようなクリエイターにはなれないんです。自分を卑下しているとかではなく、単にこれはもう客観的な事実として受け止めるしかないんです。

 

正直、僕はインターネットを始める前まではそこそこ優等生でした(そして、周りにもおそらくそう評価されていました。)。定期テストや模試もそれなりにできていたし、書いた文章を先生に褒められるという経験もたくさんしてきました。要は「ちっちゃな頃から優等生」で、でもインターネットでもっともっとストイックな人たちとたまたまご縁があって仲良くさせていただいて、その辺りから自身の衒学趣味に対して強烈な嫌悪感を抱くようになってしまったんですね。先述した通り、一応勉強やバイトの合間にちまちま創作活動は続けているのですが、やっぱり周りの友達にはどうしても遅れをとっています。井の中の蛙として生きていくことができなくなってしまったのに、まだ自分の中にはしっかりと俗物根性が残っていて、そこの気持ちの整理、まあ端的に言ってしまえば自分が天才ではないことを認めようと努力しているうちにモラトリアムが終わってしまいそうな、そんな気がしています。

 

それはそれとして、「人は必ず何者かにならなければならない」という命題は僕は偽だと思うんです。今の僕は、いくつかのスキルにアイデンティティを(意図的に)分散させていて、そのおかげか勉強一辺倒だった学生時代よりはずっと気持ちは安定しているのですが、先の命題が偽だと頭では考えていてもありのままの、創作も教養も何もないそのまんまの自分をどうしても好きになることができていません。そこもゆっくりでいいから、いつか通過できるといいな、なんて考えながら大学のレポートを書いたり、フォトショを触ったりしています。最近は本当にそれだけです。

無題(4/13)

勉強すればするほど、様々な価値観や視点を持てば持つほど人の差別や偏見に対する感度が高くなっていく感覚がある 最近はこのことに苦しめられていて、他者の言葉や文章をただ受け取っているだけで世間に広く共有されているスティグマを否が応でも感じてしまうこと、それを誰とも共有できないことに対して強烈な苦痛や孤独を感じる 表現のあらゆるところからそれを発した者の価値観は見え隠れするし、えてしてその中に自分みたいな落ちこぼれは考慮されていない

 

あまりに抽象的すぎる文章だから、一つ具体例を提示しようと思う

例えば、いわゆる「女性らしくない」女性、「男性らしくない」男性は、ときにこんなんじゃ一生恋愛/結婚できないよ といったアドバイス(文脈によっては侮蔑)を受けることがある ここで、このアドバイスにはいくつかの隠れた前提がある

第一に、恋愛、結婚といった(主にヘテロ的)性愛をイニシエーションとしていること 第二に、そうしたイニシエーションを通過した人間はそうでない人たちよりも優れているということ この二つの前提があって、初めて先の表現はアドバイスという意味を持つ

こうした偏見を伴う前提、無意識のうちにある差別に対する感度が勉強量に伴って上がっていくのが辛くて仕方ない、ってこと

 

かといって、人に倫理的な振る舞いを求めることができるほど僕は立派な視点を持っているわけでもない(その視野は必要条件じゃないにせよ) どうしたらいいんだろうと思う

セイキンとライナー・ブラウンはどちらが強いのか

【注意】この記事は漫画「進撃の巨人」に関するネタバレを含んでいます(本文はスクロールした先にあります)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:Lixy:20210106151205j:image

タイトルの通りです セイキンとライナー・ブラウンはどちらが強いのか考察してみます

それぞれの強さを存分に発揮してほしいのであえて詳細な舞台設定はしません

 

①戦力の比較

ライナーは188cm83kgの大男である一方、セイキンは174cm(体重不明)という標準的な体型。その上ライナーは「鎧の巨人」をその身に宿しているため、純粋な戦力だけならまずライナーが負けることはないでしょう。しかし、ここである可能性を考慮していないことに気がつきました。「セイキンも巨人化できるのではないか?」というものです

ライナーは家族のために名誉マーレ人として鎧の巨人を継承し、その力を存分に発揮して戦う必要がありました。しかしもしセイキンにも同じ巨人化能力があったとして、それを周りに明かす必要が果たしてあるのでしょうか?せっかく高名なYouTuberとして活躍しているのに、下手に巨人の力を発揮して人類の仇敵と見なされるぐらいならその力は墓場まで持っていった方がいいはずです。脳ある鷹は爪を隠すのです

便宜上、一旦セイキンそのものには何の能力もないと仮定して話を進めます。そもそもセイキンはおおよそ390万人(2021年1月現在)ものチャンネル登録数を有しています。ライナーも確かに名誉マーレ人として数多の実績を残しているかもしれませんが、彼ほどの知名度も人脈もないでしょう。390万人もの視聴者がいれば中には巨人化できたり立体機動装置や雷槍を使いこなせるファンがいてもおかしくありません。また、「進撃の巨人」の作中において、巨人の能力は飛行船や大砲のように進歩した兵器により衰えつつあるという記述が存在します。これはきっと現実世界でも同じで、例え街中に突然鎧の巨人が現れたとしても現代の兵器を導入すれば難なく仕留められると考えられます。セイキンが世論を誘導して鎧の巨人を人類の共通敵だとすることも可能であるため、本人が巨人化できない場合でも戦力はセイキンに軍杯が上がります

ゆえにセイキンが巨人化できるとしても、単純にこれらの能力に巨人化というスキルが付加されるだけなのでやはりセイキンが勝つでしょう

 

②精神力

パラディ島の人間は悪魔だと教えられ、鎧を宿して壁内に潜り込んだライナー。エレン達と暮らしているうちに情が湧き「こいつらと殺し合いたくない」と思うようになりますが、もう後には引けません。なぜなら故郷で愛する家族が待っているから。そんな板挟みに苦しんだ彼は自殺未遂までしてしまいます。彼はすごく優しくて脆い人間なのです。

一方セイキンはどうでしょうか。390万人のファンと家族を抱えながらもYouTubeの最前線でエンターテイナーとして活躍し続ける。多すぎるファンの期待に応えるべく、画鋲入りスライムなんてよく分からないものを作れるその胆力は間違いなくライナーのそれに勝っているでしょう。もしライナーがセイキンと同じように数百万人のファンを抱え、常に面白いものを要求され続ける立場にあったなら間違いなくどこかのタイミングで発狂していると思います

 

③技術力

ライナーは巨人の能力を使いこなし、また壁内で立体機動装置の使い方も会得しています。体格差も相まってフィジカルな技術に関してはライナーの方が1枚上手ですが、果たして彼に動画編集ソフトが使いこなせるのでしょうか?作詞作曲編曲ボーカルが務まるのでしょうか?画鋲入りスライムが作れるのでしょうか?

また、セイキンは面白いサムネイルを作ることにも定評があり(参考:https://youtu.be/WbeKVUKlfOs)この点もライナーより優れていると見て間違いありません

 

総評

間違いなくセイキンの方が強いです。ライナーが「罪の無い一般人を自己保身だけのために殺していいのか?」と躊躇している間にセイキンが画鋲入りスライムを投げつけてゲームセットです

僕はライナー大好きなので幸せになって欲しいですね

 

まんげなの?考察

画面越しに黒髪の少女が何の脈絡もなく訊ねる。「まんげなの?」と。

初めのうちは一笑に付していたが、そもそも僕が僕であるという根拠や同一性があるわけでもなく、その言葉は僕の脳裏に焼き付いて離れなかった。

以下は、「まんげなの?」に対する僕の考察である。

 

①:「曼珠沙華(まんじゅしゃげ)なの?」説

彼岸花ヒガンバナ)の名は秋の彼岸頃、突然に花茎を伸ばして鮮やかな紅色の花が開花することに由来する[4][5]。別の説には、これを食べた後は「彼岸(死)」しかない、というものもある。

別名の曼珠沙華マンジュシャゲ)は歌にも歌われたことでも知られ[6]、梵語サンスクリット語)で「赤い花」[7]「葉に先立って赤花を咲かせる」という意味から名づけられたといわれている[4]。サンスクリット語 manjusaka の音写であり、『法華経』などの仏典に由来する。”(Wikipediaヒガンバナ(https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%83%92%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%83%90%E3%83%8A)」より)

まず注目すべきは「これを食べた後は「彼岸(死)」しかない」という点である。この場合、一度味わった後に未来が待ち受けていない彼岸花のような毒性をあなたは有しているのだ、という暗示とするのが妥当だろう。ただ、それなら「彼岸花なの?」と訊いた方がよりストレートに、正確に意図を表せる。あえて彼女が「まん(じゅしゃ)げなの?」と発言したことを踏まえるとこの考察には疑問が残る。

祝い事の兆しに赤い花が天から降ってくるという仏教の経典に由来して、曼珠沙華にはサンスクリット語で「天界に咲く花」の意味もある。ここで曼珠沙華を祝福の象徴として捉えると、「まんげなの?」は「陰毛が生えてくるほどに大きくなった女性」と曼珠沙華をかけたハイコンテクストな言葉遊びである、とも考えられる。

また、彼岸花花言葉は「独立」「情熱」である。孤独に対する侮蔑や情熱への応援とも解釈できるが、これもあえて曼珠沙華と表現する理由には欠ける。

 

②「Man gayなの?」説

mˈæn géɪが「まんげ」に聞こえたという解釈である。前提として話し手は女性であるので、男性に誘いを断られて「あなたゲイなの?」と品のない冗談を言っているという場面だ。

しかし、ごちうさの世界に男性キャラはほとんど存在しないためこの説も可能性は低い。

 

③「万華なの?」説

https://twitter.com/t0kri/status/1317790485361041408?s=21

万華は一般的には「ばんか」と読む。却下。

 

④「満月なの?」説

風流な女性が、今日が満月なのか訊ねているという解釈である。しかし発音の段階で「つ」のみが欠落するというのはいささか考えにくい。

 

以上が僕の考察だ。ちなみに、最も有力なのは「自慢げなの?」説である。

f:id:Lixy:20201018213110p:image